1-1

気持ちよく語ってもらう

女性はおしゃべりなんて言いますが、男性だって喋るのは好きなんです。
自分の趣味や得意分野についてならば、喜んで語ります。

勿論、気持ちよく語るには聞き役も大切です。

それでは、どのように反応すればいいのでしょうか。

興味がなくても知らなくてもいい

相手の趣味が分かったとしても、自分では興味なかったり知らない事もあると思います。
興味については、好きな人の話ならば興味が持てるはずです。

そして、知らない事は問題ありません。

よく知らないから教えてほしいというスタンスでいいんです。

そうすれば、いろいろと教えてくれるでしょう。
好きな事なので、楽しそうに語ってくれると思います。

もし詳しくても下手に言わない

聞いたことがあるけど詳しく知らない、ちょっとは知ってるというくらいは問題ありません。
内容によっては、知らな過ぎるのも問題な場合があります。
(時事ネタとか)

ただ、問題なのは、「それ知ってる!」と言って自分が語りすぎてしまう事です。
内容によっては、自分より知っている事に引いてしまう男性もいます。

車やバイク、男性向けのアニメなどが代表的です。

それでも知らないと思われたくない場合は、
私もそれ好きなんです。○○さんはどんな所が好きなんですか?
と、相手に語らせる方法でいきましょう。

自分が詳しい事を「よく知らない」と言う事はプライドが許さないという方もいたんですが、男性に気持ち良く語ってもらうには、まずは下手に出る事も大切です。

それだけで好感度が上がるならば、気持ちよく語ってもらった方がいいと思いますが、どうしても嫌ならば話題を変えた方がいいでしょう。

褒め言葉を交える

1-2

すごい、詳しいんですね!
こんな感じの褒め言葉を相槌の間に挟む事で、相手の気分を上げる事が出来ます。

また、
そうだったんですか、はじめて知りました!
という言葉も効果的です。

男性は、女性に対して「はじめて」を与えることに喜びを感じます。

笑顔で反応しつつ、褒め言葉をたまに加える事で、楽しく会話がはずみます。