syanai-mail1

手軽に手に入る社内アドレス……しかし安易な使用は注意!

同じ会社にいれば、大抵検索などで相手の社内メールや内線番号を調べられると思います。

少し接点を持っただけの時点でも、直接聞き出さなくても手に入る連絡先なので、

先程はありがとうございました

と、ちょっとしたお礼などを送る方がたまにいらっしゃいます。

しかし!注意しなければなりません。

社内メールは、上司が監視している可能性が高いからです。



社内恋愛がバレる危険性

全ての会社がそうかはわかりませんが、大抵社内メールは上司が監視できるようになっております。

それがリーダークラスか、課長クラスか、部長クラスかなどは様々ですが、いずれにせよ誰かには見られていると思った方がいいです。
うちの会社では、そんなことしてるって言ってなかったし、やってないんじゃない?
その思考は危険です。

私の会社でだって公表されてません。
わざわざ言う会社の方が珍しいです。

親しかった先輩が、課長は全課員のメール見れるんだよと教えてくれたので、知っていただけです。

もちろん、基本は仕事のやり取りしかしないので、知ったところで「見られてるから何?」という感じでしょう。
見られて困るようなメールをする方が悪い、という考えです。

本題に戻りますが、あまり個人的なやり取りをしていると、「社内メールでなにしてるんだ?」と思われます。
そして相手が誰か、どんな内容かによって、注意を受ける事もあるでしょう。

もし注意を受けなくても、あまり親しげな内容や、プライベートを交えた内容のやり取りをしてしまっては、社内恋愛を疑われても仕方ありません。

その上司が社内恋愛を良く思っていなかったり、社則で禁止されている場合は、左遷の危険性だってあり得ます。



社内メールは絶対に使っちゃダメ?

syanai-mail2

100%駄目というわけではありません。
但し、基本は「仕事関係」以外では送らないようにしましょう。

同じ仕事に携わっていて、それについてお礼を言う等、それならば誰でもするようなことなので大丈夫です。
ただし、その人にだけやたらと送っていると不自然になってくるので、やはり必要以上の事は社内メールを使わない方が賢明です。

特に仕事に真面目な人の場合、直接仕事に関係がなかったり、あまり重要でない内容をしつこく送ってこられたら、迷惑と感じるでしょう。


Communicaterがある場合

MicroSoftを導入している場合、Windows Communicaterが使える可能性があります。
これはチャットのようなもので、基本初期設定では記録も残らないので、やり取りするならメールより安全でしょう。

たまにこれも監視対象の事があるので、必ずしも気は抜けませんが。



基本は個人メールを使いましょう

プライベートな内容は、やはりプライベートのアドレスが一番です。

「でも、相手のアドレス知らないから、
社内メールじゃないと連絡できません!

という方は、まずアドレスをゲットしてください。
参考:社内恋愛成就への道~Step6連絡先を交換しよう

そもそも、連絡先を交換していないような仲の人から社内メールでアプローチされても、困惑するだけです。
まして、もしも「今度ご飯食べに行きませんか?」みたいなメールが来て、それを上司に見られたと思ったら、気が気じゃなくなるでしょう。

99.9%の確率で、無視するか断るかの2択になります。
いずれにせよ玉砕です。

私も最初はうっかり使ってしまいましたが、「監視されちゃうから社内メールはやめよう」と言われ、かなり焦った記憶があります。
たまたまスルーされて助かりましたが、そんな風に焦ることのないよう、皆様はお気を付け下さい。