kakugo1

社内恋愛はやめておいた方がいい、なんてよく聞きますが、実際は社内恋愛で結婚した夫婦がかなりたくさん存在します。
私もその一人です。

確かに社内恋愛には弊害も多いですし、「手近で済ませてる」と感じる人もいるでしょう。
でも、社内で気になったその人が、社外で出会う人より魅力的でないと言い切れるでしょうか?

手近だからではなく、その人がいいと思ったのならば、それは恥じる事ではありません。

婚活パーティによく参加している友人たちも、「社内の人の方がいい男な気がしてきた……」と言い始めたり、よそで男性を見た結果社内に戻ってくる事もあるのです。

ただし、社内恋愛が悪いとは決して思いませんが、するならば必ず覚悟が必要です。
余計なトラブルやストレスを溜めこまない為にも、意識しておきましょう。

1.別れた時のリスクを想定する

kakugo2

付き合う前から別れる事なんて考えたくない!
そう思うかもしれませんが、社内恋愛においては大切な覚悟です。

もしも別れてしまった場合でも、彼と縁を切る事ができません。
一緒に仕事をしたり、毎日顔を合わせる必要があります。

部署が違ったとしても、目にする機会は他の恋愛と比べて格段に多いでしょう。

当然、仕事に支障をきたしてはいけないので、気まずい相手だろうと表に出してはいけません。
イライラしたり、不当な対応はもってのほかです。

また、もし周囲にバレていた場合は、気まずくなり迷惑をかけてしまうでしょう。
よくない空気の中で仕事をする事になる可能性が高いです。

その事は、しっかり頭に入れておきましょう。

2.異性の社員との接触を当然と割り切る

仕事なのですから、当然彼が他の女性社員と話す機会はあると思います。
その職場にあなた以外女性がいないなら別ですが。

談笑する事もあるでしょう。
そのシーンを目にする覚悟はちゃんとしておくべきです。

社内恋愛は原則秘密なので、仮に彼に迫る女性がいても、彼女として注意することができません。

もし、彼が仕事であろうと他の女性と話しているのが我慢できないなら、社内恋愛はお勧めしません。
嫉妬するあなたも辛ければ、当たられる彼も可哀そうです。

kakugo3

もちろん、多少の嫉妬は仕方ないと思います。
但し、それを表には出さず、平常心を保てる事が大切なのです。

嫉妬の克服方法については、「社内恋愛の嫉妬~克服する方法とは?」をご参照ください。

3.「異動」「退職」も頭に入れておく

社内恋愛に対する会社の寛容度にもよりますが、交際がばれた時点で異動させられたり、結婚したら異動……という場合もあるでしょう。

たまに夫婦で同じ部署にいる会社もありますが、恐らく少ないと思います。

そういった場合、異動や退職を迫られるのは、残念ながら女性の確率が高いです。
相手の男性が役職もちならば尚更。

異動も同じ建屋や近場ならまだいいですが、場合によっては地方に飛ばされるケースもあります。
そうなれば遠恋となります。

あなた自身もそうですし、彼としてもそれを良しとするかわかりません。
何年かすれば戻ってこれるならそれまで待つか、あるいは辞めて一緒にいるか……。

結婚したら退職してほしい、と彼に言われたという人もいました。

kakugo4

どうするのが良いかは当人たち次第なので、正解はありません。
ただし、そのような選択を迫られる可能性がある事は、覚悟しておきましょう。

結婚の可能性が出てきたら、お互いにしっかり話し合う事が大切です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
私は社内恋愛で結婚し、今すごく幸せなので、決して否定はしません。

とはいえ、やはりそれなりに嫉妬したり、辛い事もありました。
秘密を守るため、接触を避けなければいけないのが苦しいと感じた事もあります。

しかし、それも覚悟していた事です。
自分が選んだ道なのですから、貫こうと頑張りました。

その結果が今につながっています。

社内恋愛だから」と引いてしまうのではなく、相手をしっかりと見極めて、またリスクも理解した上で、幸せな恋愛が出来るよう頑張ってください。