fbfd49761b0b8da30a4e6e4c24be6746_s

紫外線の強い春先~夏場にかけて、気になるのは日焼けシミです。
頑張ってメイクで隠そうとしても、

不自然じゃないかな……ちゃんと隠れているかな……

そんなことが気になってしまうと思います。

そんなことを気にしていたら、自信を持って顔を上げられませんよね。
好きな人に至近距離で見られることにも抵抗が出来てしまいますし、恋人にスッピンを見られるのも鬱になってしまいます。

そこで今回は、そんな紫外線対策の味方となる食材をご紹介いたします。

紫外線対策にお勧めは「トマト」

55b502f1266388cf21a5575b8d7f1c31_s

紫外線対策には、何と言ってもトマトがおすすめです。
トマトには、抗酸化作用などアンチエイジング効果や美肌に期待が持てると評判の「リコピン」が豊富に含まれています。

実は、このリコピンが紫外線に対しても効果的なのです。

紫外線を肌に浴びると、肌表面で炎症が起き、肌内部ではメラニン色素が生成され、日焼けやシミになっていきます。
リコピンは、この表面と内部の紫外線ダメージ両方に効果的であるとされています。

日焼け止めを塗るのはもちろん大事ですが、トマトを食べて身体の中からも対策をしてみましょう。

どんなトマトを食べたらいいのか

6ad113a49a5f1ca1647d5db8a9b43112_s

まず、色は赤々と鮮やかなものです。
トマトは赤ければ赤いほど、含まれているリコピンの量が多いとされています。

次に、種類です。
普通のトマトでももちろん問題ありませんが、どちらかといえばプチトマトが良いでしょう。

なぜなら、野菜の栄養は皮と身の間に多く含まれています
同じ量で換算した場合、プチトマトの方が表面積が大きく、リコピンを豊富に含んでいると言えるからです。

どちらか選ぶのであれば、プチトマトをお勧めします。

そのままのトマトはちょっと苦手、という方は

4978170d961f0950edf6125fd0aea7b4_s

トマトを加熱調理して摂取しましょう。
リコピンは熱に強いので、調理に使っても問題ありません。

また、生トマトの調理が面倒だという方は、トマト缶を使用するのも良いです。
トマトジュースに抵抗がない方は、それを毎日飲むだけでも効果があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
夏野菜として有名なトマトは、夏場に嬉しい栄養がとても豊富に含まれているのです。

トマト以外にも、ニンジンや、以前紹介したラズベリーにもシミに効果的な成分が含まれています。
今回はリコピンに注目してトマトを詳しく解説しましたが、これらの野菜や果物のなかで、特に取り入れやすいものから日々の生活に取り入れてみましょう。

毎日の積み重ねが、未来の肌を決定します!