deai1

社会人になると、平日は一日中会社にいるので、
出会いが本当にない
という方が多いです。

社内に良い方がいればいいのですが、そんな環境ばかりとは限りません。

でも、思い返してみてください。
その発言をしている方は、社会人になる前になら、たくさんの出会いがあったのでしょうか?

確かに3~4年で次の環境に大きく変わる学生時代は、新しい出会いが多かったと考えられるかもしれません。
その中で恋人を見つけて、青春を謳歌していた方もいるでしょう。

社会人になると、転勤や転職がない限りあまり大きな変化がなく、出会いが減ったと思うかもしれませんが……。

それは、少し違います。
出会いがない」という人は、出会おうとしていないだけなのです。

白馬の王子様の夢は捨てる

deai2

学生時代は出会いが多かった、と考える方は、果たして自分から出会いに行っていたのでしょうか。
時間があったので、そのような行動を起こした人もいるでしょうけど、大抵は受け身だったと思われます。

私もそうです。

環境がコロコロ変わり、また数年後には変わるから、そしたらいい人がいるかも……。
自分からどこかに出向くわけではなく、自然と変わる環境に身を任せ、その時々で出会いを期待していました。

これが、受け身です。

自分がその時にいる、メインコミュニティから脱していないのです。

実際、恋人が途切れない人は、そのメインコミュニティ以外にもつながりを多く持っているのです。
積極的にいろいろな場所に行き、交友関係を広げ、その関係から人を紹介され、また関係が広がっていく。

とにかく色々な人に出会うチャンスが多く、いい人も見つけられるのです。
だから、メインの環境変化がなくなろうと、出会いの場は尽きません。

逆にずっと受け身でいた人は、環境の変化がなくなった途端にどうしていいかわからなくなってしまいます。
そして、結局何もせず、ただ「出会いがない」と口にするだけ。

当然です。
出会える環境を作ろうとしていないのですから。

待っていれば、王子様が迎えに来てくれる
きっと運命の出会いが待っている

そんな可能性、かなり低いと思ってください。

しかもただの受け身姿勢では、もし身近にいい人がいたとしても、見落とす可能性が高いです。

待つより自分を高めることをする

このサイト内でも何度かお話ししておりますが、レベルの高い男性はレベルの高い女性を求めます。

それは、生まれつきの外見の話ではありません。

身だしなみ、笑顔、女性らしい仕草やエネルギーを磨くことで、十分高められるのです。

そうやって男性の目に留まるようになれば、出会いの可能性も上がってきます。

休日には出会いを探しに行く

deai3

その場でただ待っていても、白馬の王子様は現れません。
ならば、出会える場所へ行くしかないのです。

例えばジムやスポーツ関係のお店など、男性客が多い場所に赴いてみたり。

男性と出会う機会がないなら、自ら男性の多い場所へ行くしかありません。
恥ずかしがっていても、状況は変わらないんです。

ちなみに私は、婚活パーティも選択肢に入れていいと思ってます。
怪しいサイト等には注意ですが、内容がしっかりしているものであれば、問題はありません。

そういう場所に行くと、がっついてるみたいに思われそう……

そう考える人もいるかもしれませんが、気にする必要はありません。
出会いがないと嘆いているだけより、積極的に行動する方が絶対に良いです。

新しいことにチャレンジするのは勇気が要りますが、その勇気を出せるかどうかが、今後の人生を左右する可能性が高いんです。
次回の記事で、経験も踏まえ、婚活についてもう少し詳しくご説明いたします。