cook1

「結婚」と「料理」って本当に関係あるの?

料理が得意じゃなくても結婚している人はいます。
TVを見ていると、「家事は夫担当」っていう人もいますよね。

また、男性も、
女性は料理ができた方がいい?
という質問に対し
どちらでもいい
と答える人が増えています。

しかし、いざ結婚となると、やっぱり料理スキルのある女性を求める男性が多いんです。

red料理大好き、自分が彼女(妻)にふるまいたい!
red台所は俺の城!

……と、思ってる男性は、ちょっと例外ですが。

彼女と妻は違う

以前にも話したかもしれませんが、「彼女」と「」は男性から求められるものが異なります。

付き合っている間は外食が多いでしょうし、内食もありでしょう。
だから、「彼女」に料理スキルを求める男性は実際に少ないです。

私は昔からお菓子作りや料理はそれなりに得意で、周囲からもその印象が強かったですが、全然モテませんでしたし(泣)。

ただ、結婚を意識した男性となると、話が変わってきます。

結婚すれば、毎日外食というわけにはいきません。
毎日お惣菜やコンビニ弁当というのも難しいでしょう。

それになんだかんだ言って、好きな女性の手料理を食べたい、と思う男性はまだまだ多いんです。
私の旦那を含め、男友達に聞いてみても、奥さんには料理してほしいって人が多かったんです。

最初から料理上手でなくても大丈夫

cook2

だからといって、最初から上手でなければだめ!というわけではないです。
別にプロ級の腕を、相手も求めてません。

レストランに出てくるような料理は、誰も期待してないでしょう。

大切なことは、やる気があるかどうかです。

ちょっとくらい失敗しても、頑張って作った結果なら、彼は受け入れてくれます。
次に成功すればいい、と考えてくれるからです。

(毎回失敗されたら、さすがにげんなりするかもしれません;;)

実際、私も出来上がりがイマイチな事がありましたが、次の機会においしく改良できたらすごく喜んでくれました。

頑張って美味しいものを作ろうとする気持ちが、男性の心をつかみます。

凝ってなくてもいい

いいところを見せたいあまり、凝った料理を作りたがる女性もいます。
でも、特に料理になれてない人は、無理に凝ろうとしても失敗してしまいます。

だったら作りなれているものや、手軽に作れるものの方が断然いいです。

現に、ハンバーグカレーといった定番メニューを所望する男性が多いんです。
私は最初に煮込みハンバーグを作りましたが、大好評でした。

cook3

普通のハンバーグだと焦がさないように中まで火を通すのに気を使いますが、煮込みは焦げすぎや生焼けの心配がないので実は楽なんですよね。

まとめ

結論としては、「料理ができるに越したことはない」ということです。
できる」というのは、定番の家庭料理レベルで十分です。

家事に対して積極的な女性に魅力を感じる男性は、まだ多数派です。
家事ができないとだめ
料理下手は無理
なんて言ってしまっては、器が小さいと思われるから、表向き「出来なくてもいい」と言っているだけの人もいるんです。

どちらにせよ、生きていくためには「食」は絶対です。
自分のためにも、磨いておいて損はありませんよ!