cook1-1
付き合い始めたら、彼氏に手料理を食べさせたい。
そう思う女性は多いと思います。

結婚の近道は「胃袋をつかむこと」とよく言われていますので。

ただ、あまり早い段階からはやらない方がいいでしょう。
極端な話、「結婚を急いでいるアピール」と捉えられかねません。

そうすると男性はプレッシャーに感じてしまいます。
付き合いがそれなりに長くなってきたら、たまには……という切り口がいいかもしれません。

私の場合、交際1週間くらいのメールで「今度○○さんの手料理食べさせてね」といわれたので、すぐ作りましたが(笑)
要するに、相手が求めているタイミングで作るのが一番です。

ここで、作ることになった場合にも注意が必要です。
それは男性が喜ぶ料理と、女性が男性に作ってあげたい料理には、ずれが生じることがあります。

料理は「自分のため」ではなく「彼のため」に作るべし

タイミングにしてもそうですが、あなたが料理を作るのは何のためでしょうか?

point胃袋をつかんで結婚を意識してもらうためですか?

point料理を作って褒めてもらうためですか?

pointそれとも、彼に喜んでほしいからですか?

前者2つは、自分のためです。
この意識が強いと、独りよがりな料理を作ってしまいがちです。

とにかく凝ったものを作ろうとして失敗したり、上手くいっても彼の好みと全く違うものを出してしまうケースも多いです。

彼のために、彼に喜んでもらうために、それを意識していれば、自分勝手な行動にはいきづらいでしょう。

定番すぎるモテメニューはNG?

cook1-2

良く定番で言われている「肉じゃが」ですが、これは意外と評判がよくありません。
※あくまで私の周囲の男性達に聞いた意見として、です。

狙いすぎ
あざとい感じ
うちの味と違う

主な意見がこんな感じです。

昔、CMで
得意料理は肉じゃがです
家庭的でいいな~
とお見合いが成立する話がありましたが、逆効果の場合もありそうですね。

特に、煮物は家庭の味が出やすいので、「俺が食べたかったのはコレジャナイ」と思われる可能性もあるのです。

あとは、肉じゃががモテ料理の定番と騒がれすぎて、あざといと思われてしまうのでしょう。

但しもちろん、彼が「食べたい、作ってほしい」と言ってきたなら、ぜひ作ってください。

尚、同じ「家庭的メニュー」でも、豚汁は結構評判がいいです。
私は魚料理や豆腐料理の時に同時によく作ります。

変にアレンジを加えない

cook1-3

料理の手順や分量には、ちゃんとした意味があります。
それを理解したうえで、好みにアレンジできる人はいいのですが、初心者がいきなり自己流アレンジをすると失敗します。

見た目を失敗したり、おいしくない料理を作ってしまうことが1度くらいあっても、彼がいきなり見限ることはありません。
しかし、明らかに「おかしなこと」がされた料理を食べた場合、彼女の人格を疑ってくるでしょう。

極端な例ですが……。
レシピはケチャップだったけど、和風にしたかったから醤油に変えたんだ~
とか……。

いえ、本当にいたんです、友達に。

ケチャップと醤油では粘度も塩分も味の強さも違いますので、同じ分量で置き換えるのはおかしい上、他の材料との兼ね合いもあります。

あとは「カレーの隠し味にコーヒーやチョコレート入れるといいんだって」と言いながら、隠れないほどたっぷり入れたり……。
そう、「材料を計らない」人はずぼらな人と思われるので注意しましょう。

アレンジを加えたい場合は、まずはレシピどおりに何度か作ってみて、それから好みの味に少しずつ変化をつけることをお勧めします。
男性は、ちょっと変わった料理などを求めているわけではありません。

それよりは「普通においしい物」の方が、絶対に喜びます。

次回は、具体的に喜ばれるメニューについてお伝えいたします。