cook2-1

前回の記事では、男性に料理を作る際の注意点についてお伝えいたしました。
今回は、具体的にどんな料理を作るといいかをご紹介いたします。

男性が好む料理

好きな人のために、凝ったものを作りたい。
すごいものを作ってびっくりさせたい。

そう考える女性も少なくないと思います。

しかし、実は凝ったものや難しそうな料理より、単純な定番料理が高評価のことが多いです。

実際、男性陣に聞くと、作ってほしいメニューには以下のものが上がりました。

no-1カレー・シチュー
cook2-2

no-2ハンバーグ
cook2-3

no-3オムライス
cook2-4

家庭でよく出るというか、子供が好きそうなメニューですよね。
でも、こういう定番かつがっつりした献立を好む男性は多いんです。

こう言っては元も子もないですが、凝ったもの=彼の口に合うとは限らないのも事実。
だから、そんなに難しく考えなくていいんです。

ただ、カレーやシチューは自分でも作れるので、ハンバーグなどの方が喜ばれるケースもあります。

ハンバーグ・オムライスなどは男性にとって「ちょっと手間がかかるもの」で自分で作ろうとしないので、作ってもらえるとうれしい、という気持ちがあるそうですよ。

逆に、女性好みといわれる
point野菜たっぷりヘルシー料理
pointさまざまな多国籍料理
は、少々評判は悪め。

結婚後に健康を気遣う意味で野菜を多用するのは問題ありませんが、最初に彼氏に作るならやっぱり肉メインの方がいいでしょう。

また、多国籍料理は、料理名を言われてもピンとこない&好みが分かれるので、最初は控えた方が無難です。

麺好きの男性が多い

また、全体的に麺類を好む男性が多いという印象があります。
うちの場合は焼きそばナポリタンちゃんぽんなど、具だくさんの麺を作ると喜ばれます。

cook2-5

ただ、普通のラーメンはめったに作りません。
なぜなら主人もそうですが、男性にはとてもラーメン好きが多く、さまざまな店をめぐっていてかなり舌が肥えている可能性があります。

なので、作る際にはかなり気合を入れます。
(自家製チャーシューなど、具材に凝る)

ちなみに麺とは少し違いますが、グラタンやドリアも冬場はお勧めです。
簡単に作れますし、体も温まって喜ばれます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

気合を入れるのはもちろんいいのですが、作るのはあくまでも彼のためです。
自分をよく見せるためではなく、彼の喜ぶものを作ってあげるよう心がけましょう。

もちろん、前回NGとしていた肉じゃがや、今回紹介したヘルシー料理・多国籍料理を好む男性もいます。

相手の好みがわからなければ、無難なものを作るのが良いですが、好みがわかっているのならばそれに合わせましょう。

尚、料理が得意な人にありがちですが、難しい料理を作れるのに、彼からのリクエストがカレーでがっかりしてしまうことがあります。

そんな時、
私は○○が作りたかった(食べてほしかった)のに……そんな簡単なリクエストなの?
とか思わないでください。

作りたいものは、これからの長い付き合いの中で作る機会はきっとあります。
まずは彼の好みを聞いて、食べたいものを作ってあげるのがベストですよ!