デートをしたけど、二度目に誘われなかった……
そんながっかり経験ありませんか?

あまり上手く話せなかったからかな
退屈させちゃったかな

色々思うところはあるかもしれませんが、もしかしたら「退屈させていた事に気付かなかった」事が原因かもしれません。

デート中は会話だけでなく、男性の動きに注目しよう!

コミュニケーションにおいて、言葉の重要性は7%程度と言われています。
残りはボディランゲージや表情、声のトーンなどで表わされるのです。

なので、会話がはずんでいるようでも、実は退屈さが態度に出ている事があります。
そこは、ちゃんと観察して見極めましょう。

退屈な態度は○○に表れやすい!?

それでは、どこに特に注目していればいいのでしょう。
それは、男性のです。

だからと言って、脚ばかりガン見していては変態なので、ちゃんと目を見て会話しつつ、たまに注意する感じで見ていましょう。

男性は、退屈だったりその状況を楽しんでいなかったり、早くその場を離れたいと思っている時は、脚を頻繁に動かす傾向にあります。

必要以上に足を組みかえたり、そわそわと動かしていたら、今の状況から抜け出したいという事になります。

それに気づかず、例えば一方的におしゃべりを続けていたら、男性のストレスはたまっていく一方です。

この子といると、しんどいな……

徐々にそんな風に感じるようになり、もう一回デートしたいという気分にはなりません。

これが次につながらない要因の一つと考えられるでしょう。

退屈させてしまったら、状況を変えればいい

ついつい自分の話をしてしまったり、同じカフェに長居したりして、男性を退屈させてしまった。

でも、大切なのは、それに気づくかどうかなのです。

男性が「動きたい」サインを出していたら、こちらからそれを切り出せばいいのです。

あ、もうこんな時間。そろそろ行こうか
ごめん、つい話しこんじゃった。そろそろ移動する?

こんな感じで、その場から立ち去る提案をしてみましょう。
そうすることで、相手は気のきく女性だと思ってくれます。

誰だって、自分の気持ちを汲んでくれる人に好感を持つものです。
なので良く観察することが大事なのです。

大勢の中で特別扱いされるきっかけにも

宴会の終了時間になったのに、店が何も言わないからいつまでも店内で話し続けている……
店の外に出てからも、集まって話していて抜け出しにくい……

そんな状況に直面することがあります。

意中の人が率先してその状況を作っているなら別ですが、もし
終わったんだから帰りたいな……
という雰囲気を出していたら、チャンスです。

もう時間だからいったんお開きにしよう
まだ話したい人だけ店を移ろう

そんな感じの事を言って、状況を変えてあげましょう。
きっと彼は、ホッとするはずです。

そんな時、「良く言ってくれた」とばかりにあなたの方を見る可能性が高いので、もし彼と目が合ったら、にっこりほほ笑みましょう

その笑顔にドキッとさせられる可能性大です。

男性は、女性の明るい笑顔が好きですからね!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

自分がまだ一緒にいたいからといって、相手の動きを見て見ぬふりをすると、男性に我慢をさせ続けることになります。
一緒にいると疲れる、苦痛に感じる、楽しくないと思われ、次につながらなくなります。

デートは早く切り上げた方がいい、という記事でも話した通り、今切り替えることが先に繋がるのです。
その一時の感情を優先して、先がなくなってしまうのはもったいないですよ。

なので、言葉だけでなく態度をしっかり観察し、我慢のサインを見逃さないようにしましょう。

次のデートにつなげるためにはこうすればいい!
私が2度目、3度目のデートに誘われるためにした行動とは?
重要!次のデートに誘わせるコツ