メールをしても、彼からの返信がない……
LINEを送っても既読すらつかない……

恋する女性は、この事に一喜一憂しやすいです。
例え5分10分であっても、とてつもなく長い時間待っているような感覚にすらなります。

まして、一日返信がなかったりしたら、かなり悩む事でしょう。

変な文を送っちゃったかな?
私の事なんてどうでもいいの?

そんな事を考えるかもしれません。

しかし、原因があなたにあるとは限りません。
また、必ずしも大事にされてないと決めつけるのは早いです。

今回は、彼が返信をしない理由について解説いたします。

仕事中にメールした場合

この時重要な事は、彼にとっての仕事の位置づけがどのようになっているかです。
わかりやすく言えば、「その瞬間」の優先順位です。

男性は女性より、仕事を重要視しており、プライベートと切り離した考えが強いです。
また、女性のように一度に複数の事に集中したり、考えることが得意ではありません

だから仕事中にメールをもらったとしても、今は仕事モードなので、メールが来ても返信しない可能性が高いです。

仕事の合間にちょっとくらい返せないの?

この質問もご法度です。
メールの返信は、男性にとってはとても労力を使います。

ちょっとした合間は仕事を整理したり、単純に休憩に使いたいので、プライベートを介入させたくないのです。

もちろん、仕事中でも返信をくれる男性はいます。
それは、いかなる時でも「仕事」より「彼女」の方が優先順位が高い場合です。

とはいえ仕事優先である場合でも、彼女を大切にしていないわけではありません。
仕事中は仕事を優先するのは当然の事です。

私は女性ですが、私自身も仕事中にプライベートな連絡は迷惑と感じるタイプです。
そのため、男性はそれ以上に感じている可能性は高いです。

男性は仕事と恋愛を同じ軸で考えていないので、「どちらが大切か」と言われても比較できません。
どちらが大切かは比べられなくても、その時の優先は存在します。

仕事中は「仕事」が優先、終われば「プライベート」が優先

なにもおかしい事ではないですよね。

どこまでが「仕事」なのか

続いてポイントになりますのは、どこまでを「仕事」と捉えるかです。

例えば、仕事が終わって職場の上司や同僚と食事にいったり、飲み会にいったりする場合。
その時間も「仕事の付き合い」として考えている人ならば、給与発生有無にかかわらず「仕事」感覚になります。

だからその時間も、プライベートである「彼女」は切り離して考えています。

更に、遅くに帰ってきたら、そのままメールを忘れて寝てしまう事もあるでしょう。

メールの返信がなかったら、怒るのではなく、まずこのような理由を考えてみてください。
そして、「忙しいのかな、お疲れ様」という態度で接してみましょう。

くれぐれもいきなり、

何で返信くれないの!?
「メールする時間くらいあるでしょ!

と怒らないように。
まずは事情を確認することが大切です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
これはあくまでも一例ですので、もちろん他にも理由はあると思います。

ただ、彼の性格や現在の状況を良く考えて、頭ごなしに責めないようにしましょう。
あまりしつこいと、男性から重いと感じられてしまいますよ。

 

返信のなかったメールを復帰させるためのコツ!
重い女性と思われないためにはこの方法が最適です↓
返事が来ない!?男性からメールの返信をもらうには