hukuen2-1
今回は、社内で失恋した際に復縁する準備についてお話します。
まずは、恋愛関係は一度置いておいて、自立した個々として過ごすことが大切です。

毎日会う事を逆に利用する

常に顔を見なければいけないのは、気持ちの整理がついていない失恋時には辛いものです。
しかし、実は復縁には有利な条件と言えるのです。

復縁は、冷却期間と呼ばれるお互いの気持ちが落ち着く期間を挟み、相手の不安要素を取り除くことで関係を回復させていく方法が一般的です。
具体的には、例えば「あなたに依存しない、自立した女性になりましたよ」というアピールなどです。

しかし、普段会わない相手に対しては自分がどう変わったのかを見せる事が難しいです。

それが社内恋愛では、同じ空間にいる事で、自分の成長と変化を見せる事が出来るのです。
直接的ではなく、間接的なアプローチを簡単にできる事から、復縁のチャンスが早く巡ってくると言えるでしょう。

自立した女性アピールとは

前回の記事でお話しした通り、別れの原因は「束縛」が多いです。
つまりは人に依存しない、自立した女性としての成長を見せる事で、「束縛する女性」のイメージを払拭するのです。

例えば、仕事をテキパキこなし、しっかり者の雰囲気を作るなど。
依存が原因で別れた場合なら、そうやって自立する姿を見て心が揺れる可能性がおおきいです。

hukuen2-2

ただし、「依存しない」=質問してはいけないというわけではないので注意してください。
わからない事を聞くのは依存ではありません。

人に頼ってばかりじゃ駄目だ、自分で何とかしなきゃ
という気持ちは大切ですが、仕事は自分で解決できる事ばかりではありません。

調べて何とかなる事なのか、聞かないとわからない事なのかをなるべく早く見極め、迅速に仕事を進めることこそ、「仕事が出来る女性」と言えるでしょう。

前向きな努力を見せる

明るく前向きに頑張る姿は、誰の目から見ても魅力的です。
元彼がもし直接見ていなくても、それで周囲の評価が上がれば、自然と元彼の耳にも入りあなたの評価が上がる可能性が高いです。

仕事への前向きな姿勢や出世は、恋愛とは無縁のようですが、社会的成長により「自立」を確立することができます。

周囲だけでなく「元彼」に対しても自然に接する

周囲には今までどおりに振るまえても、彼の前に出るとどうしても表情が硬くなる……
うっかり嫌味を言ってしまう……
それはもちろんNGです。

気持ちの整理がつく前は辛いかもしれませんが、復縁を望むなら元彼にも嫌な態度は決してとらないでください。

引きずってんのかよ、めんどくさい女だな……
嫌な奴だな、別れて正解だった

こんな風に思われたくないですよね。
なので、笑顔で接するよう心がけてください。

hukuen2-3

そして、必要以上の接触は避けましょう。

仕事で話しかけるなら、用件のみで済ませます。
下手に話が長引くと、色々言いたくなってしまうかもしれないので、会話時間は短い方がいいです。

離れる時も、慌てて去るのではなく、自然と踵を返すのがおすすめです。

雰囲気を変える

男性をときめかせるには「わかりやすい変化」が大切!」でもお伝えしたとおり、男性はギャップに弱いです。
また、服装や雰囲気をがらりと変える事で、「違う女性」と脳に認識させる事が出来ます。

頭では勿論同一人物と分かっていますが、本能にそう思わせるという意味です。

付き合っていたのに、まだまだ知らない面があったと思うと、自然と興味を惹かれます。
この様な変化をすぐに見せる事が出来るのも、社内恋愛の特権です。

まとめ

別れた後に大切な事は、
pointしばらくは恋愛感情を意識しない(悟らせない)
point頑張って仕事に打ち込む姿を見せる
ということです。

未練がないって思われたら、気持ちが離れて復縁のチャンスがなくなるんじゃ……?

そう思う方もいるかもしれませんが、それは違います。
むしろ一度、気持ちを離さないと、復縁は出来ないのです。

男性は女性と違い、別れたら友達でもいたくない、縁を切りたいと思います。

更に、あなたと付き合う事で何らかの「重荷」を感じていた彼にとっては、未練をちらつかされると負担になっていくだけです。

だからまずは、重荷を取り除くことが必要なのです。
彼の心の負担をなくし、自然な関係に戻れたら、やっと再スタートを切る事が出来ます。

次回は、ここから再び恋愛モードに入る方法についてお伝えいたします。

 

復縁をプロに相談してみませんか?~復縁電話占いピュアリ~

☆復縁したいあなたへお勧め☆

hukuen3-4
復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法

point復縁に必要な考え方
point復縁の本質
point別れたケースや年齢別の復縁方法

などなど、男性目線で語られたとても参考になる教材です。
必要なステップがわかりやすくまとめられており、状況に応じたテクニックも紹介されてます。

ご興味がありましたら、まずは実践者の声等を読んてみてください。

詳細は こちら