3-1

報告は順序が大切

婚約が成立し、式の時期も決まったら、ようやく職場に報告となります。
時期としては、結婚式の3ヶ月前までに行いましょう。

報告の際は、順番が大切です。
まずは直属の上司に報告します。

続いて、周囲の同僚や後輩に報告するようにします。
仲の良い相手や協力者等には事前に伝える事もあるかもしれませんが、上司に言うまでは社内では内密にしておいてもらいましょう。

もし報告前に上司に耳に入った場合、「そんな話聞いてないぞ」と上司の心証を悪くしかねません。
形式を重んじるタイプの人なら尚更です。

また、周囲に報告する時は、直接ひとりひとりに言いに行くか、飲み会等で一斉報告してもいいと思います。
場合によっては、上司が場を設けて報告するケースもあります。

ただし、一斉送信のメールでの報告は控えましょう。
手抜きに思われてしまします。

結婚式への招待も考えた上で報告を

もし結婚式に招待したいと考えているならば、報告の時に式の時期も伝えるべきです。
特に、挨拶をお願いしたい相手には、事前に丁寧にお願いをしておきましょう。

3-2

式の話が一切出ないと、
招待されるのかな?しないのかな?
と気にする場合があります。

予定の確認やご祝儀の用意など、式に出席するとなれば準備がいるので、曖昧にせずハッキリさせておきましょう。
そうしないともやもやした感じを相手に残してしまいます。

大して親しくないor関わりの薄い間柄であれば、呼ばれるとも思ってないので慎重になる事もないですが、上司や仲の良い社員は気にします。

会社の人を招待しない場合は、親族だけで行う予定等、理由も明確に伝えておきましょう。

状況別の報告について

結婚を機に退職を考える場合

多くの場合、「退職の申し出は予定日の1カ月前までには行うこと」となっています。
これは会社によって違うので、自分の会社の規定をよく確認しましょう。

しかし、予めわかっている場合、1カ月前まで待たずに早く報告する方が良いです。
出来れば結婚報告と同時に伝えてしまいましょう。

やめる場合、仕事の引き継ぎや、後任をどうするかなどの問題が出てきます。
特に後任の準備は、そんなに簡単に出来るものではありません。

余裕をもった対応をしていただくためにも、なるべく早く伝えるべきです。

直属の上司が同じ場合

違う部署にいるならば、各々が報告すればいいですが、同じ部署にいるならば一緒に報告に行きましょう。
職場によっては結婚により異動が必要になる場合もあるので、事前に二人で話し合っておく必要もあります。

会社の都合もあるので必ずしも二人の要望が通るとは限りませんが、どちらが異動するかについて希望を伝えるためにも、相談は大切です。

また、これは極端なケースですが、結婚したら旦那が地方に飛ばされたと言う方がいました。
新婚早々別居にならない為にも、社内規定を確認し、お互いよく話し合いましょう。

派遣社員の場合

派遣会社に属していて、普段は常駐先の企業にるというケースです。
この場合の「上司」とは、客先ではなく派遣会社になります。

報告後、手続き等について確認し、その後で客先にも報告しましょう。
どちらかが派遣社員で、もう片方が客先の社員の場合は、まず派遣会社に報告後、一緒に客先の上司へ報告するといいでしょう。