shinmi1

男性社員の脈あり行動って?

詳細は「男性の脈ありサインとは?【行動・言動編】」でご紹介いたしましたが、勿論立場や状況によってもある程度変わってきます。

注意が必要なのは、「職場でのサイン」です。
飲み会やメールのやり取りにおける脈ありサインは紹介したとおりですが、職場だけはちょっと例外なのです。

今回は、私の失敗談を中心にお伝えいたします。

職場での好意表示

よっぽど空気を読まない人をのぞいて、社内であからさまなアプローチをしてくる男性はいません

過去の投稿で、職場での脈ありサインは

point職場での悩みを親身になって聞いてくれる
pointこちらの目線で真剣にアドバイスしてくれる
pointあなたの為に時間を作って、頻繁に相談に乗ってくれる
point他の女性社員に対するより態度より親身で優しい
pointあなたが他の男性社員と話している時に視線を感じる

以上の事がポイントとしました。
特に、「親身」と「嫉妬」がポイントでしょう。

嫉妬されたらほぼ確実だとは思いますが、実は他のポイントは立場や状況によっては、条件がそろっても「脈なし」となってしまうのです。

新入社員のころの体験

私の勘違い体験は、はじめての就職先でついた先輩とのことです。
6歳年上の先輩で、他の中堅社員からも頼りにされるとても出来る人でした。

冷たいところもありますが、ちゃんと質問すればしっかり教えてくれる、尊敬すべき人と思ってました。

shinmi2

入社から3ヶ月したころ、その先輩とちょっと雑談する機会が増えたり、笑顔で声をかけてくれる事も増えました。
冷たい態度もなくなり、仕事も今まで以上に熱心に教えてくれて、悩みにも親身になって相談に乗ってくれました。

その頃には私もその先輩に惹かれ始めていて、仕事がとても楽しかったです。
頑張れば頑張るほど先輩も褒めてくれるので、業務レベルもぐんぐん上がって行きました。

先輩も、私に好意的だと思ってました。
いえ、きっと後輩としては、ある程度好かれてはいたと思います。

その年の11月末、
来月のクリスマス、勇気を出して先輩に声かけてみようかな……
そんな事を考えていた矢先のこと。

先輩が、12月末で会社を辞めると、全体ミーティングで発表がありました。
しかも、その業務は私がすべて引き継ぐとのこと。

そうです、先輩は、引き継ぎのために頑張って私を育てていたんです。
冷たい態度が無くなり、親身になって色々相談に乗っていたのも、引き継ぎ前に辞められてしまったら困るからでした。

 

好きになった人が急にいなくなってしまうという喪失感。

それなりに親しくなっていたつもりだったのに、一言も教えてくれなかったショック。

入社して1年も経たないうちに、6年のキャリアを持つ人の業務をすべて引き継ぐプレッシャー。
(小さい会社だったので、簡単に次の人を入れられなかったそうです)

 

それらがのしかかってきて、正直絶望的な気分でした。

恋愛感情に関しては自分の勘違いが原因ですが、当時はとにかく衝撃的だったんです。
嫉妬」「視線」が無かった事で脈は薄いと気づくべきでしたが、当時の私はそんなポイントは知りませんでした。

ちなみに追い打ちとして、その人は故郷に彼女がいた事も発覚しました……。
結局何も伝えられないまま、先輩は会社を辞めていきました。

まとめ

もし、直属ではないのにとても親身になってくれる男性がいたら、その人は脈ありなのかもしれません。

しかし、直の上司や先輩だった場合、それは部下や後輩を育てる義務感などで動いている可能性の方がかなり高いです。

今回のように引き継ぎのためや、あるいは自分が楽するために早く覚えさせたいという人もいるでしょう。
その場合は特に優しく、真剣に接してくる場合が多いので注意が必要です。

もちろん、好意を持って接してくるケースもゼロではありません。
ただし男性は職場に恋愛を持ちこむことを警戒する傾向が強いです。

まして、問題が起きやすい直の部下に対しては。

上司部下の場合は職場での態度だけで判断せず、飲み会での言動行動プライベートの話題の有無、視線などから総合的に慎重に判断しましょう。

逆に、冷静にちゃんと判断することができれば、職場恋愛で成功することも可能です。
まずは男性心理を理解し、観察する眼を養いましょう。

→ 参考:私が男性心理を理解して職場恋愛から結婚できた方法は?