近くにいるが故に破局もしやすい

社内恋愛は、当然近くに相手がいます。
それが利点となる事も多いですが、同時に難点も多いのです。
参考:社内恋愛のメリットデメリットと向かない人

社内恋愛に多い破局原因としては、次の理由があげられます。

point他の同僚(職場仲間)を好きになってしまった
point関係に飽きた
point公私混同
point嫉妬や浮気

では、これらについて詳しく解説していきます。



1.他の社員に惹かれてしまう

hakyoku1

社内恋愛をしていると、「職場の人でも恋愛対象になりえる」という意識が芽生えます。
勿論相手の事を特別と思ったからそうなったのですが、要するに「特別」と思える存在がいればありだと考えるようになったという事です。

なので、他にいい人が現れれば、そちらに惹かれてしまう可能性もゼロではないのです。

特に、社内における恋愛事は秘密にしている事が多い為、フリーと思われて誘われる事もよくあります。
上手く断れる人ならいいのですが、怪しまれないようにと応じているうちに、惹かれてしまう事があるのです。



2.関係に飽きた

プライベートでも職場でも、常に一緒にいる事によって、相手に飽きてしまう可能性があります。
近いという事は利点である半面、マンネリになりかねないという事です。

また、年齢的に結婚を意識して付き合う人も多いと思いますが、なかなか進展しない場合もあります。
早く結婚したいのに、結婚の「け」の字も出ないままずるずると何年も付き合ってたら、段々嫌気がさしてくる人もいるのです。

その結果口論になって、別れてしまうケースが多々あります。



3.公私混同

hakyoku2

仕事とプライベートは別ものです。
社内恋愛の場合、恋愛相手が職場にいるので、ついいつもの調子で話しかけてしまったり、公私混同になりやすくなります。

相手と自分が上司部下の関係である場合、仕事のミスで上司に怒られると、ついカッとなって喧嘩になってしまう事があります。

他の上司に怒られても恐らくそうはなりませんが、何でも言い合える相手となってしまっている彼に対しては、つい喧嘩腰になってしまいやすいです。

更に、これが私生活にも響いて関係がぎくしゃくしてしまうと、最終的に破局に繋がります。

彼は家では彼氏でも、職場では上司。
仕事上、怒らなければいけない立場にあるのです。

それを理解し、公私混同しないように心がけましょう。



4.嫉妬や浮気

社内には男女両方の社員がいるわけですから、常に他の異性との接触を目の当たりにします。
嫉妬深い人の場合、話しているだけで許せなくなって彼に当たる事もあるでしょう。

また、1.の例でもありましたように、社内で彼がデートに誘われる事もあるでしょう。
応じたり、相手に惹かれたりしていない場合でも、その場面を度々目撃することに対して口論してしまい、破局につながる事があります。


周囲の嫉妬も

交際報告を婚約前にした場合、祝福してくれる人も勿論いますが、反面あまりよく思わない人もいます。

特に、どちらかに恋心を持っていた人にとっては、二人が付き合うことがおもしろくないでしょう。
嫉妬心から、嫌がらせやいじめに発展することも考えれますから、とても難しいのです。

付き合い始めた時は浮かれてドキドキして、早く報告したくなる気持ちはよくわかります。

ですが、嫉妬以外でも、周囲にばれた場合には破局のリスクが高まるので、言いたい気持ちをぐっとこらえて秘密にしましょう。
参考:バレるとどうなる?社内恋愛の危険性