make1

皆さんはお化粧好きですか?

毎日ばっちりメイクをする人もいれば
ファンデーションを塗るだけで出かけてしまう人もいると思います。

私はかつて後者でした。

お化粧は苦手でしたし、面倒くさかったので、ファンデーションと色つきのリップだけで出社していました。

でも、ある女性社員との出会いで、その考えは変わったのです。

女であることを楽しむ

男性心理を学ぼうと決意する前、私は自分が女性であることをあまり意識をしていませんでした。
というより、周囲に女性として意識してほしくないと思っていました。

男性主体の職場だったので、女だからと特別扱いされたり出来ないと思われるのが嫌だったからです。

ただノーメイクというわけにもいかないので、肌くらいは整えようという感じでした。

でも、彼女は言うのです。

「お化粧が上手くいった日って、すごくテンションあがるよ!
肌のくすみも消せて、きれいに見えるし。

これは女の特権なんだから!」

make2

確かに、男性で化粧をする人はほとんどいません。
クマとかできてしまっても、基本放置です。
(営業とかは違うのかもしれませんが、少なくともうちの部署では)

でも女性は、そこをきれいにカバーできます。

こんな顔で人前に出るのか……
という気分を
これなら堂々と出られる
と変えられるのです。

マイナスを隠す話を先にしてしまいましたが、プラスにももちろん働きます。

いつもと違う化粧品を買って、普段より気合を入れてメイクをしてみると、顔の印象がびっくりするくらい変わります。

私は特に、ほとんど何もしていない状態だったので、かなり変化がありました。

まゆ毛を整えて、描き足したり

アイカラーをしたり

マスカラを塗ったり

チークをつけたり……

彼女の言うとおり、気分が本当に変わったのです。
少しできるようになるとまた楽しくなって、いろいろ学ぼうとします。

そうすると自分に自信がつきますし、きれいになれて一石二鳥です!

ちなみに化粧をまじめにするようになってから、周囲の男性の態度がちょっと変りました。
何となく優しくなったというか、笑顔が増えたというか……。

女性として見られることに元々抵抗がありましたが、どう足掻いても私が女性であることは変わらないのです。
だったら、職場の華になるくらいの気持ちで挑んでもいいと思いました。

ちゃんとやっていれば、仕事でナメられることもありませんでしたしね。

いきなりメイクを変えるのは難しい……

そうは言うものの、自分のメイクをいきなり変えるのは難しいです。

私も最初は抵抗ありましたし、
普段ほとんど化粧してないのにどうしたんだろ……
と思われるのが嫌で緊張しました。

でも、それは気にしないで大丈夫です。
きれいになっているのですから、堂々としていれば。

ただもう一つ、あたる壁は、
どう変えていいのかわからない
ということです。

もともとメイクにあまり興味がなかった場合、どんな色が自分に合うかもわからないし、新しい化粧品を買うのは抵抗があるでしょう。

そんな時は、プロの手を借りるのです。
でも、お金をかける必要はありません。

詳しい説明は、次の記事でいたします。