年齢による恋愛意識

話せるようになったり、連絡先を交換したり、段々と距離を縮めることが出来たら、今度は徐々に恋愛対象として接する必要があります。
しかし、ここで再度心構えについて見直してみましょう。

まず、社会人になりたての新入社員や20代前半くらいの場合を除き、おそらく相手の段背は
次の交際相手」=「結婚相手
として意識している可能性が高いと思います。

4618ef327d16fbe2cfcaf3156caeaced_s

しかも、あなたと付き合う場合、職場内での恋愛というリスクを背負うのですから、真剣なお付き合いを考えるはずです。
稀に例外もいますが、わざわざ自分の評価に直結する環境で、遊びたいと思う人は少ないでしょう。



「彼女」と「妻」は求められるものが違う

付き合うにはこういう子がいいけど、結婚するならこんな子がいいな」

こういう言葉を聞いたことがありませんか?
また逆に、女性側でもそんな事を話した事はありませんか?

例えば、お金遣いの荒い男は、付き合う分にはありだけど結婚はちょっと……見たいな感じです。

男性側も同じです。
付き合うだけなら、お金遣いや生活習慣、食の好みなど、全くかみ合わない場合を除き、深くは気にならないでしょう。
一緒に楽しめればそれでいいのです。

しかし、結婚となればそうはいきません
これから何十年と、今まで過ごしてきた時間より多くの時間を一緒に過ごすことになります。

さらに、当人同士だけでなく、親戚等との付き合いも出てきます。
そうなれば親や親戚、友人たちに紹介できないような人は、選べないでしょう。


結婚を意識している人が求めるもの

結婚前提のお付き合いを考えている男性は、以下のポイントを重視します。

1.しっかりしていて真面目な面がある

夫婦のスタイルによりますが、お金の管理や家の事を女性が担う場合が多いです。
生真面目すぎる必要はないものの、あまりいい加減だと、男性は今後の生活に不安を覚え結婚したいとは思いづらいです。

このポイントは、Step1で紹介したように仕事をきっちり頑張ることと、先日紹介した机の整理整頓でアピール可能です。

2.感謝の気持ちを伝えたり、挨拶がきちんとできる

aada13b534333a9034842cb59d6b98d8_s

挨拶が出来ないような人を、知人に紹介するのは躊躇いがあります。
また、近所付き合いも奥様中心となることが多いので、挨拶が出来るかどうかは本当に大切です。

Step2で紹介した笑顔の挨拶がきちんとできていれば、その評価は心配する必要はないでしょう。

3.一緒にいて疲れない(落ち着ける)かどうか

リラックスできる空間である「プライベート」を共に過ごすのですから、一緒にいて疲れる人は論外になります。
ここで重要な事は、喋るときに「ゆっくり、はっきりと」を心がける事です。

聞き取りづらい早口でまくしたてられれば、相手は疲れてしまいます。
途中から聞かなくなるでしょう。

相手の表情をちゃんと見ましょう
一方的なコミュニケーションにならない基本です。

2c1ddbfe96591caca0678a90a82f333a_s

喋るときはゆっくりと、そして基本は相手の話を聞いてあげるつもりでいるといいです。
そうすれば、彼はあなたとの会話に心地よさを感じてくれるでしょう。

4.尊重してくれるかどうか

女性が思っているより遥かに、男性はプライドが高い生き物です。
そのため、自分を認めてくれる人を求める傾向があります。

無理やり持ち上げるのは不自然になってしまうので推奨しませんが、彼の得意分野や素直にすごいと思った事は、少しオーバーなくらいに褒めるようにしましょう。

好きになった人なのですから、褒める部分はたくさんあるはずです。

ちなみに私は、彼の頭の良さ、技術力の高さ、イベントへの積極性……などについて褒めることから始めました。
あげていけばキリがないのでこれ以上記述しませんが、とにかく褒める事はとても重要です。

特別人より抜きん出ていなくても、「自分より上」というだけで、褒める対象に出来ます。
自分より機械に詳しい、自分より力がある等、そんな事でもいいんです。



まとめ

長く一緒にいる相手に求めるものは、価値観の一致安心感です。

加えて、人当たりがおおきく関わります。

これから恋愛モードに入るにあたり、今回の事をしっかりと心がけてみましょう。