手渡し

恋は突然やってくる、なんて言いますが、運だけに任せていてもなかなかそのチャンスはやってきません。
しかし、恋愛に発展しやすい出来事やシチュエーションの中では、今まで興味のなかった人同士でも惹かれ合うことはあります。

今回は、社内恋愛のきっかけになる可能性の高い状況と、その理由をご紹介いたします。


恋愛に発展しやすいケース

1.社外交流した時

飲み会

飲み会レクリエーションなど、普段の業務と違うシチュエーションで会った時は、そういう感情が生まれやすいです。
相手を仕事仲間としてではなく、一個人として見る事が出来ますし、仕事中では見えない側面も見えるので興味を持つ可能性があるからです。

仕事で接していたけれど、実は普段はこんなに面白い人なんだ……
思ってたより優しい人なんだ……

そんなギャップが見えた瞬間、それが好感度アップにつながれば、
相手に興味を持ち、もっと知りたいと思ううちに恋愛に発展しやすいです。

レクリエーションの場合は一緒に作業した相手、飲み会ならば近くの席に座った人のギャップが見えやすいでしょう。



2.大きなプロジェクトに一緒に取り組んだ時

プロジェクト

のんびりした業務ではなく、残業を強いられるような忙しいプロジェクトであればある程、可能性は高いと思います。
一緒にいる時間が長くなりますし、仕事の辛さや達成感を共有することで距離が縮まる可能性が高いです。

特に、辛い・怖い等の感情の共有は絆を強めると言われています。


3.仕事を頑張る姿を見た時

一生懸命

一生懸命頑張っている姿には、男女ともに好感が持てます。
多少ミスしても、挽回しようと前向きに努力する事が大切です。

このケースはどちらかというと、「人として好印象」より先に進みにくいかもしれません。
しかしここで好印象になったうえで、1.のような場で話す機会があると、恋愛に発展する可能性がぐっと高くなります。

ちなみに余談ですが、男性はむしゃらさよりもスマートにこなす所を見せた方が、女性から恋愛対象として見られやすいです。
一生懸命な姿も好感は持てますが、母性本能が先に出て、恋愛対象にならない可能性もあるからです。


私の場合

私は飲み会がきっかけでした。
それまで彼の事は名前と顔、あとは仲のいい同僚からの話で知っていた程度で、あまり強い印象はありませんでした。
(むしろ少しマイナスでした)

でも、飲み会で偶然となりになった時、彼の気遣いと優しさに気づき、そこから惹かれ始めたのです。
1.でお話しした「ギャップ」ですね^^


まとめ

同じ環境で同じ目標に取り組んだり、一緒にいる時間が長い事で、惹かれ合う可能性というのは上がります。特に、「感情の共有」や「ギャップ」は大きなポイントになります。四六時中顔合わせている相手を恋愛対象に見れないという方もいます。

しかし、普段顔を合わせているからこそ、飲み会等の社外活動でギャップを見たときの衝撃は大きいのではないでしょうか。
「こういう人だと思っていた」という意識が壊されますから、その動揺が興味に変わる可能性は十分考えられます。

※当たり前ですが、マイナスのギャップ(幻滅)から恋は生まれません

今好きな人がいない方も、ちょっとしたきっかけで急に興味を持つ事があるかもしれません。

よろしければ、参考にしてみてください。