36c3377009d48de40b2faa366dde6ddd_s

女性は最初は他人を慎重に見ていますが、いざ好きになってしまうと、視野が一気に狭まる人がほとんどです。

もうこんな男性は二度と現れない
こんなに好きになれる人はもうきっといない

そう感じた事がある人も多いのではないでしょうか?

私も散々そう感じてました。
こんなに好きになってのは初めてだとか、これは二度とないチャンスだとか……。

でも、そんなことないんです。
周期は人それぞれですが、その人が駄目でも、また好きな人ってできるんです。

いいなって思う人は現れます。

それなのに、なぜ「この人しかいない!」なんて思ってしまうのでしょうか。

考え方は自分の中の「幸せ度」で決まる

a47850d9b5cd66207893bc72ff27e20d_s

この人しかいない、そう思ってしまう原因は、自分が幸せじゃないからです。
今、自分が幸せだと思っていない人は、どうやって幸せになろうとするか。

それは、他人に幸せを求めるのです。
好きな人に幸せにしてもらいたいんです。

でも、幸せは自分の中にないといけないんです。
そうでないと求めるばかりになってしまい、視野が狭まり、結局上手くいきません。

それでは、自分の中の幸せ度を上げるにはどうしたらいいのか?
難しく考える必要はないのです。
また、そんな「世界一ハッピー!」な気分になる事を求めているわけでもありません。

point不幸だと感じている人は、なんてことない、普通だと思えるように。
point普通だと感じている人は、ちょっとした事で嬉しくなれるように。

そうやって少しずつ幸せ度を上げていくんです。

その方法は、「現実を認識すること」から始まります。

幸せになるには現実をきちんと捉える

3a85f7517ac06169bc7848913b42940c_s

冒頭で申し上げました通り、今は「これ以上の人は現れない!」と思っていても、数年後くらいには新しい好きな人が現れるケースがほとんどです。

つまり、それが「現実」なんです。

大事な考え方は、男性を好きになって失っても、そんな大きな問題じゃないって思えるようにすることです。
だって、またいい人は現れるのですから。

私も昔は本当に「こんなに好きになれる人はもう現れない」なんて思ってましたが、いつだってそんな事はありませんでした。
離れて1~2年もすれば、またいいなって思う人に出会ってました。

結果、今の旦那といますが、過去に「こんな人はもう……」と思ってた人たちより数倍素敵な人だと思ってます。

いるんです、いい人は。

もちろん振られたり、離れたりしたその時はショックを受けるでしょう。
泣いてしまったり、しばらく何も手に付かない事もあるかもしれません。

でも、時間が解決してくれるという「現実」がわかっていれば、すぐ立ち直れます。
理想と現実のギャップに対応する事さえできれば、切り替えて新しい事が始められるんです。

例えば、私はある失恋の時、ショックで仕方ない中鏡を見て思いました。

point……化粧っ気はないし、服装もそんな女らしくない
point……普段の表情も暗いし、笑顔が少ない
point……話す時は、いつもおどおどしている

こんな女じゃ振り向いてくれるわけがない、それが「現実」だと思いました。

だったら、化粧や服装は努力でどうにでもなる。
笑顔は意識して出すようにしていこう。
緊張してしまうのは性格だけど、もっと自信を持って話せるようになろう。

現実と向き合い、改善点を見つけ、自分磨きへと方向転換をしていきました。

そうすれば、精神的にも強くなれます。
人生においてそこまで重大な事じゃない、そんなもんだと意識して行動していれば、恋愛に限らずどんな場面でもポジティブになることができます。

6d9766ede0d7a2e1f94a6850d0aeed2c_s

そうやって平常心でいれば、悪い事が起きてもすぐ立ち直れますし、ちょっとしたいい事に幸せを感じることもできるでしょう。
幸せ度を上げる、とはそういう事です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
とはいえこんな事を言われても、すぐには納得できないかもしれません。

ですが、現実と向き合う事はとても大切な事です。
辛い事もあると思いますが、現実を見られないのではいつまでたっても同じことを繰り返します。

かつての私がそうだったので、今この記事を読んでいる方には、同じ過ちを繰り返してほしくありません。
→ 参考:私が現実を受け入れることで職場恋愛から結婚できた方法は?

この人を手に入れなければ幸せになれない、なんてことはないんです。
もし手に入れる事が出来たら、今よりもっと幸せになれるかも。
手に入らなくても、また次を探せばいい。

そうやって気持ちを切り替えてみましょう。