雑談2

会話は印象を大きく動かす

仕事を頑張る事で周囲の印象を良くし、笑顔の挨拶でいい印象を与える事が出来ました。
次は、直接話せるようになりましょう。

会話することで、自分の印象をより強くすることが可能です。
仕事でも、メールだけでやり取りするより、直接あるいは電話で話した方が、相手の印象って残りますよね。

勇気を出して話せるようになりましょう。



話す内容と話しかけ方について

基本的には、仕事や職場の話から始めます。
いきなり突っ込んだプライベートの話題は好まれません。
自然と話せるようになるまでは、無難な会話にとどめる事が大切です。

これは、相手と自分の立場や環境によって異なります。
パターン別にみていきます。

目次
  1. 同じ仕事をしている場合
  2. 仕事(部署)は異なるが、彼のチームに知り合いがいる場合
  3. 仕事(部署)が異なり、知り合いもいない場合
  4. まとめ


同じ仕事をしている場合

相手が先輩や上司の場合

仕事の質問を一番しやすい環境です。
むしろ、既に何度も質問に行っているケースがほとんどでしょう。

ここでよりよい印象を持ってもらうためには、質問の際に以下の事を実行してみてください。

checkbox話しかける時は、「今お時間大丈夫ですか?」と気遣う
checkboxわからないところは素直に聞き返す
checkbox教えてもらったら、満面の笑みで「ありがとうございます」とお礼を言う
checkbox何回かに一度は「さすがですね」と褒め言葉を追加してみる

仕事を進める中で、疑問が出たら質問に行くチャンスです。
ただし、ただ漠然と「これわかりません」はやめましょう。

どのような疑問か説明する
どういう仕事を進める中で知りたいのか伝える
自分で調べた内容を伝え、確信がないので教えてほしいという

ポイントはこの3点です。
自分の意見もちゃんと伝える事で、やる気を見せる事が出来て好感度も上がります。

また、実は知っている事でも、知らない事にして質問するのもありです。
ただし、同じ質問を何度もすると「聞いてなかったの?」と思われるので、
本当に1度で理解できなかった事を除いて連続で質問するのは控えましょう。

また、同じ事を再度聞く場合は、どこまで理解しているかも伝えればやる気を認めてもらえます。

もし、どうしても疑問点がないという方は、仕事の進め方について相談しましょう。

「どうしたらそんな風に早くこなせるようになるんですか?」

「何かコツとかありますか?」

と、自分ももっと頑張りたいアピールがいいと思います。


相手が同僚や後輩の場合

自分より仕事がうんと出来る同僚なら、先輩へのアプローチと同じでいいです。
そうでないならば、「仕事の調子どう?」など、そんな質問でもいいでしょう。

もし好調だというなら、「さすがだね。私も頑張ろう」というように、相手を褒めつつ自分のやる気を見せます。
不調なら、励ますのもありですが、間違っても上から目線にならないように注意が必要です。
男性は仕事に対するプライドが高いので、そこを傷つけられると一気にあなたの印象が落ちてしまいます。

後輩の場合は、「何か困っている事ない?」と聞いてあげたり、効率のよい方法があったらそれを教えてあげる等、アドバイスをする感じできっかけを作りましょう。

目次へ戻る



仕事(部署)は異なるが、彼のチームに知り合いがいる場合

実際に私がしていた事を例に挙げると、まず知り合いがいないタイミングを見計らいます。
そして、さりげなくその席に近づいていき、「あれ?いない……」と、一度周囲を見てから、彼の傍に行き

すみません。○○さんってお休みですか?

と話しかけます。
PCの電源が入っているなど「出勤はしてる」ことが明らかならば、「会議中ですか?」と聞いてみます。

話しかけられたことに最初はびっくりするかもしれませんが(私はされました)、普通に教えてくれます。
知らなければ「知らない」と言われ、いずれも短く終わりますが、「話しかける」という行為が大切です。

「何か伝えておきましょうか?」など言われる可能性もあるので、適当な言い訳を考えておきましょう。
私はよく「急ぎではないので大丈夫です」や「メール入れておくので大丈夫です」と答えていました。

もちろん、「ありがとうございます」と笑顔を忘れずに!

やりすぎると不自然なので、あくまできっかけ作りとして2~3回が限度でしょう。
ですがこれによって「話した事がある」事実が作られるので、休憩中見かけたとき等に話しかけやすくなります。

先程はありがとうございます。○○さんにさっき会えました

という一言を言うだけでも、全然違います。
この段階では無理に会話を長引かせず、短く済ませるようにしましょう。

この調子で、今後はちょっとした会話もできるようになっていきます。

焦らず段階を踏みましょう。

目次へ戻る



仕事(部署)が異なり、知り合いもいない場合

この場合は、出勤時間休憩時間リサーチが必要です。

そのタイミングに合わせて自分も同じ場所に行き、笑顔であいさつします。

雑談

何度か繰り返したら、「よく会いますね」とさりげなく言いましょう。
あくまで自然にです。
タイミングをはかっている事がバレるとストーカーチックになります;;

出勤時なら、「いつもこの時間なんですか?」と聞いたり、
休憩中(昼以外)なら「いつもこのタイミングで息抜きするんですか?」と聞いたりしてみましょう。

この場合も、最初は会話をあまり長引かせず、早めに切り上げましょう。
特に、仕事に戻る必要がある短い休憩なので、ささっと済ませた方が好印象になります。

出勤時も同様です。

目次へ戻る



まとめ

状況によって対処法は変わってきますが、重要な事は下記の2点です。

checkbox最初のうちは会話を長引かせず、早めに切り上げること
checkbox笑顔で相手を見ながら話すこと
checkboxゆっくり、はっきりと聞きやすいように発言すること

名残惜しさを残すために、会話はあなたから切り上げるようにしましょう。

しかし、もしここで「早口」になってしまうと、
「言いたい事だけ言って去る慌ただしい子」
になってしまうので、ゆっくりしゃべることも大切なのです。

「(いつも笑顔で)感じのいい子だとは思ってたけど、話してみると本当に雰囲気がいいな。もっと話してみたいな」

と思ってもらえれば、次のステップにつながりやすくなります。

上記のポイントに注意しつつ、好感度を上げましょう。

目次へ戻る

社内恋愛成就への道 記事一覧

概要
Step1 仕事を頑張る
Step2 笑顔であいさつする
Step3 会話のきっかけを掴もう
Step4 仕事以外の会話
Step5 協力者との連携
Step6 連絡先を交換しよう
Step7 オフで会える関係になる
Step8 ここまできたら、後は押して引く!