協力

協力者の存在

必ずしも必要なわけではありませんが、いてくれると色々と助かります。
情報を提供してもらったり、さりげなく彼にアピールしてもらうなどすれば、早めに距離を縮められるでしょう。

適任者については、「恋愛の協力者を選ぼう」を参考にしてみてください。



アピールポイント

すでにStep2~4をこなした事で、意中の彼へ印象を与えられていると思います。
そこで、自分ではなかなかアピールできないことを、協力者を通してしてもらうのです。

例えば、あなたが
red「料理が好き」
red「お菓子作りが得意」
red「可愛いものが好き」
などの趣味・特技があったとしても、自分で言うと女子力アピールみたいに思われて、言いだしづらいですよね。

実際、あまりこれらは自ら口に出してアピールしない方がいい、と言われています。

そこで、協力者の出番です。

アピール中

「○○さん、料理が好きなんだって。(一人暮らし始めてから)毎日自炊してるらしいよ」
「○○さんの作るお菓子美味しいんだ。この間貰っちゃった」
「○○さんって××ってキャラクターグッズ集めてるんだって。可愛いよね」
といった具合に、日常会話の中にたまに織り込んでもらいます。
(頻繁にはだめです)

2つ目の例は、協力者が女性の場合ですね。
男性がこんなこと言ったら、あなたが協力者に気があると思われかねませんから。

ついでに彼の好きな料理やお菓子、趣味等を流れで聞いてもらえれば、次の会話のネタになります。



久和原の実例

私の場合、よく協力者(女性)に作ったお菓子をあげていました。
理由は、1人分作ることが難しいので、余ってしまうからです^^;;

ある時、「今度ワッフル作るつもりだから、出来たら持ってくるね~」
といつも通り協力者に言ったところ、それを彼に伝えてくれたようです。

8c4dbdd1edf75da838309f146bc2a366_s

協力者「久和原さん、ワッフル作るんだって!」

彼「ワッフルって作れるんだ」

協力者「らしいよ、私もびっくりした!今度くれるって♪××さんの分もお願いしておこうか?」

彼「あー……じゃあ、出来ればで」

 

こんな感じで、きっかけを作ってくれました。
いきなりお菓子を渡す流れになったので、さすがにこのフリは焦りましたが……

2~3回失敗して、ようやく成功したものを2人にあげました。

本当に持ってきたことにすごくびっくりしていましたが、喜んでくれましたし、後日お返しも貰っちゃいました!

他にも、共通の話題を見つけた時に
それ、久和原さんも好きらしいよ
など、たまに名前を出してくれていたそうです。

やりすぎると推しているのがバレバレですが、この様にたまに会話に織り交ぜてもらう事は大切です。
名前を言われれば、「ああ、あの子か」と想像するので、一緒にいない時にも考えてくれるようになります。

一緒にいない時に、自分のことを考えてもらえるかどうかがとても大切なのです。

社内恋愛成就への道 記事一覧

概要
Step1 仕事を頑張る
Step2 笑顔であいさつする
Step3 会話のきっかけを掴もう
Step4 仕事以外の会話
Step5 協力者との連携
Step6 連絡先を交換しよう
Step7 オフで会える関係になる
Step8 ここまできたら、後は押して引く!