2da73c004ee9af020effe4de45dd0ee8_s

男性は態度で示そうとする

これまでのステップで、初回のデートを終え、2回目のデートも成功。
3回目のデートの約束も出来た。

そろそろ告白してほしい時期ですよね。

でも、告白はとても勇気がいる事です。

だから、
今楽しいから、このままの関係でいいや
告白しなくても、好きってわかるよね?
と、告白してこない男性も多いのです。

もちろん、ちゃんとした告白なしに、何となく付き合ってたというカップルもいます。
自然と付き合い始めていたというのはとても理想的ではありますが、ハッキリとした言葉で関係を示してほしいと思うのは女性のサガ。

ただしそれは女性の意見なので、男性に強要してはいけません
では、強要せず、どうやって告白させればいいのでしょうか。



男性が告白したくなる環境づくりをする

1.ちょっとした焦りを与えるべし

社内という、目に留まる確率が高い環境を逆に利用します。
例えば、異性の同僚や先輩、後輩と、ちょっと一緒に行動してみましょう。

勿論仕事上、不自然のない相手とです。
あと、年齢がそれなりに近い人を選びましょう。

あなたも、仕事とはいえ相手が女性社員と楽しげにしていたら気になりますよね。
その女性が美人なら、「気持ちが向こうにいってしまうんじゃ……」と不安になります。

男性も同じです。
女性より職場とプライベートの切り分けが上手ではありますが、気になっている女性が別の男性と親しくしていれば、もやもやするのは必然のこと。

私は偶然、その時期に年の近い男性がチームに異動してきて、色々教える為に数日間ほぼつきっきりで仕事してました。
そしたら彼から、次のデートの日にちを早めたいと連絡が来ましたね(´▽`*)

狙ったわけではなかったんですが、結果としてすごく効果的でしたので、おすすめです。


2.断らない空気を作る

断らない空気とは、どのように作ればいいか?
それは、例えばなしをすることです。

もし付き合ったら……

もしあなたの彼女だったら……

この出だしで、プラスの発言をします。
付き合えたら楽しそうだとか、彼女だったら手をつないで歩いてみたいとか。

もしも話で軽く話します。

そうすると、彼の中でも付き合うイメージを持つことができ、告白しやすくなるでしょう。
特に、1.で相手に焦りと不安を与えた後なので、2人きりの時は「あなたが一番好き」という空気を忘れないように。

この駆け引きが成功すれば、きっと告白してもらえます。

社内恋愛成就への道 記事一覧

概要
Step1 仕事を頑張る
Step2 笑顔であいさつする
Step3 会話のきっかけを掴もう
Step4 仕事以外の会話
Step5 協力者との連携
Step6 連絡先を交換しよう
Step7 オフで会える関係になる
Step8 ここまできたら、後は押して引く!